リビングと照明の重要な関係

リビングの設計に際して、間取りや窓の配置、天井高など、こだわりたい点はいくつもあるのではないでしょうか。そのなかでも、照明選びは快適なリビングをつくるにあたって大切な要素です。読書や書き物をするときに照明が暗すぎるのは困りますが、リビングでくつろぐときに照明が明るすぎるのも考えものです。せっかくのゆったりとした素敵な団らんの時間も、明かりが煌々と灯っていては雰囲気が台なしです。

そのため、リビングにおける照明選びは、照明の種類とともに、調光機能や調色機能が必要かどうかも検討する必要があると言えます。一般的にゆったりとした時間を過ごすのに合う照明の色は電球色というオレンジがかった色です。また、読書や書き物にふさわしい色は昼白色という蛍光灯のような白い色です。また、その中間に温白色という色もあるので、生活に合った照明の色を選ぶことができます。

リビングに設置するダウンライトの上手取り入れ方

リビングの天井を広くすっきりと見せるためにも、ダウンライトを取り入れたリビングに魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。一方で、ダウンライトには、照明の真下の狭い範囲に光が当たる特徴があるため、きちんと計画しないと必要な部分が暗い、あるいはまぶしいという悩みの原因になるので注意が必要です。ダウンライトの配置は、様々なパターンがありますが、必ずしも天井の全面に満遍なく配置する必要はありません。中央に4つほどのダウンライトを集中させ、あとは必要に応じて部屋の隅に配置するなど、過不足ない明るさに調整することが可能です。 リビングのソファに横になってくつろぐとき、真上にダウンライトがあるとまぶしく感じられます。そのため、そうした所への配置を避けるか、避けられない場合はダウンライトにカバーをつけることも可能なので、そうしたものを取り入れることで快適なリビングづくりに役立つでしょう。

一戸建ては独立した一つの建物に住むため、プライバシーが守られます。車を所有している場合、敷地内に駐車場を設けることも可能です。