必要最低限のものを考える

家族が集まる空間であるリビングは、のびのび過ごすことができるようにしたいものですが、物が多かったり、スペースが狭かったりしてできないということはよくあります。このスペースの狭いリビングで快適に過ごすためには、様々な工夫が必要です。まずすべき工夫のひとつが、リビングに置くものを絞り込むことといえるでしょう。必要のない大型家具は、ひとつあるだけでスペースを大幅に取ってしまいます。リビングで過ごすために、最低限必要なものだけを置くことにすれば、ある程度のスペースを確保することが可能です。必要なものを厳選したうえで、それらをどこに収納するのかを考えることが必要となります。収納する際には、過ごしやすさとともに、床面を広く見えるように工夫するとよいでしょう。

インテリアの選び方と配置

狭いリビングを快適な空間にするためには、インテリアの選び方が重要です。限られたスペースを広く見せるためには、インテリアひとつひとつの大きさも重要ですが、色合いや高さなども考えなければなりません。暗い色合いのインテリアを選んでしまうと、部屋全体に圧迫感が出てしまい、限られたスペースがさらに狭く感じるようになってしまうでしょう。明るい色合いや透け感のあるインテリアを選ぶとよいです。高さは、ロータイプを選ぶとよいでしょう。丈の高いインテリアに囲まれてしまうと、狭く感じてしまいます。また、インテリアの配置も重要です。できるだけ広くスペースを見せたい場合には、インテリアは一か所にまとめて広い空間を作るか、ソファなどの大きいインテリアは壁際に置くといった工夫をするとよいでしょう。

新築一戸建てに憧れている方は、貯蓄と同時にどのような土地に家を建てるか探し始めましょう。土地探しが難しいことが多いからです。